加齢に負けない|顔のたるみを改善しよう|目の下は施術で元通り

顔のたるみを改善しよう|目の下は施術で元通り

加齢に負けない

医師

治療法

様々な原因で眼瞼下垂は起こりますが、加齢もその原因の大きな1つです。眼瞼下垂の症状を無くすことで、目ははっきりと大きくなり視野もすっきりします。治療法には、今は主流ではないのですが根強い人気のある切開法があり、失敗や再手術の可能性が低いことから希望する人はいます。切開法は、瞼にある余分な皮膚や脂肪を取り除き、縫合することで眼瞼下垂の症状を改善します。手術にかかる時間は1時間程で、術後は腫れますが1週間程で抜糸できるのでその次の日からはメイクすることもできます。現在の主流になっている治療法は、切らない手術であり、瞼に糸を通して縫合することで眼瞼下垂を治療します。内出血や腫れが少ないと言われており、保険適用から美容目的までと広い範囲で行われています。

ネットで検索を

瞼を切る切らないにしても、デリケートな瞼を触る眼瞼下垂の手術は名医と言われる医師にお願いしたいのが患者側の心情です。そこで、名医を見つける為には人づての口コミは確かな方法ですが、手軽に探したい場合はネットの検索がお勧めです。ネットの検索だと全国を対象にピンポイントで眼瞼下垂の病院や名医と言われる医師を探すことができます。また、病院の診察時間や予約や眼瞼下垂の保険診療を行っている病院かどうかも知ることが可能となります。また、眼瞼下垂の治療と共に美容面の問題も解決したい場合は、保険診療ではなく自由診療で治療してくれる名医がいいでしょう。この場合だと、ネット検索のほうが早く探すことができますし、予約手続きもネットですることができます。ネット検索は、名医と言われる医師が在籍している病院や眼瞼下垂の症例数の多さを誇る病院も簡単に探すことができます。